主な事業

栽培漁業技術の開発と普及促進及び生息環境の保全推進事業

1 趣旨

国民生活に大切な水産資源の回復・維持管理を図るため、種苗生産、放流、育成管理などにより積極的に資源を増大させる栽培漁業の推進と資源の育つ環境保全の取り組みについて、このための技術の開発と普及促進を図る事業です。

具体的には、種苗生産コストの一層の低減技術の確立、適地・適時での効率的な種苗放流技術の確立、放流効果の科学的な検証、環境・生態系と調和した増殖技術の推進、漁業者と共に資源を利用する遊漁者との連携方策、稚仔魚の育成環境に不可欠な藻場・干潟の維持・造成技術などにかかる研究・開発状況に対応し、当協会は種苗放流に関して知識と経験を有し、全国的に栽培漁業を行う唯一の全国機関として、これを現場に普及すべく取り組む事業です。

2 事業

(1)栽培漁業技術定着推進事業

栽培漁業技術の研究・開発の状況に対応して、当協会は専門的な立場から各都道府県等からの要請に対応して指導・助言や、総合的な県間の調整を行い、円滑な栽培漁業技術の推進と研究成果の現場への定着を図る事業です。

(2)栽培漁業技術研修等事業

栽培漁業技術をはじめ豊かな海づくりに関する知見の理解を深め、きめ細かくこれらを普及・定着させるために都道府県、市町村、公益法人、漁業者等及び、栽培漁業に関心のある者などを対象に研修会を開催し、専門的な知識の普及を目的とした事業です。また、各県からの技術情報の問い合わせに対応し、適宜情報提供・指導を実施しています。

(3)豊かな海づくり実践活動推進事業

水産資源の生育環境の保全・改善、栽培漁業を始めとする水産動植物の増殖及び養殖の推進、適切な保存管理や都市と漁村の交流等の豊かな海づくりに関する実践的な活動を推進するため、その費用の一部を助成する事業です。

(4)棲息環境調査・漁場整備推進事業

水産生物は成長段階や季節により沿岸から沖合にいたる多様な場所に生息しているため、成長段階に適した生息環境等の情報収集と分析を行うことで、資源増大を図る漁場整備の推進に資する事業です。

(5) 豊かな海づくりを担う人材バンク事業

栽培漁業を中心とした豊かな海づくりに関する専門的技術について知識・経験を有している人材を確保し、各種委員会・検討会・研修会、調査等の各種事業の効率的かつ円滑な運営に寄与するため人材バンク(登録47名)を構築するとともに、分野別に確保した登録者を各種検討会の委員、助言者、栽培漁業関係の調査、研修会等活用することで、豊かな海づくりへの課題解決に資する事業です。