全国豊かな海づくり推進協会とは

全国豊かな海づくり
推進協会とは

会長あいさつ

我が国の漁業は、国民の食生活に欠かせない水産物の安定供給という重要な役割を担っていますが、漁業を支える水産資源は、海洋環境の変化や漁獲過多の影響等により低水準のものが多い実態にあります。

このような中、国の漁業政策が改められ、漁獲可能量による管理を基本とした水産資源管理が進められることになりましたが、漁獲量が減っている中での削減は漁業者の負担も大きく、早期に水産資源を回復させるには各種の対策の組み合わせが必要です。

栽培漁業は、人の手で育てた魚介類の稚魚・稚貝を海に放流して適切な管理を行うことにより、水産資源を底支えし、資源回復に貢献する積極的な手段であり、漁業者の期待も大きく、都道府県の種苗生産機関等では、施設の老朽化や財政難等による厳しい状況の下でも地道な取組を続けています。

当協会は、こうした状況を踏まえ、設立の趣旨に基づき、国の定める水産基本計画および栽培漁業基本方針に沿って栽培漁業を推進するとともに、水産資源の管理や生育環境の保全など「豊かな海づくり」に向けて活動する全国団体として役割を果たして参ります。

国及び都道府県は、漁業生産力を発展させるため、水産資源の保存・管理を適切に行う責務を有することから、国に対しては、水産資源の回復・安定化、漁場環境の改善等に必要な施策の拡充を求めて参ります。また、種苗生産施設の更新・修繕、栽培漁業技術者の育成、温暖化等による種苗生産への影響の対策などについて、会員とともに対応して行きます。

全国の漁業者や栽培漁業関係者など現場の声を受け、関係の皆様と連携を深め、国民のご理解をいただきながら「豊かな海づくり」を推進して参りますので、皆様のご指導、ご協力をお願い致します。

公益社団法人
全国豊かな海づくり推進協会
会 長 岸 宏