全国豊かな海づくり推進協会とは

沿革

 水産基本法の理念である水産資源の持続的利用を通じて、水産物の安定供給の確保、水産業の健全な発展等を実現していためには、水産動植物の増殖および養殖の推進、水産動植物の生育環境の保全および改善、水産資源の適切な保存管理などを包括的に実施する「豊かな海づくり」の一層の推進が重要です。

 全国豊かな海づくり推進協会は平成15年10月に発足し、会員である都道府県、漁業関係団体はもとより、水産庁、国立研究開発法人水産研究・教育機構と十分な連携をとりながら「豊かな海づくり」に関する事業を積極的に推進しています。

 公益法人改革に伴い国の公益認定を受け、平成25年4月1日から「公益社団法人全国豊かな海づくり推進協会」となりました。現在、国が定めた第7次栽培漁業基本方針に沿って、国民に豊かな海の恵みを供給し、海の環境や生態系の保全に貢献できるよう栽培漁業を中心とする事業推進に努めているところです。