主な事業

豊かな海づくり推進事業

1 趣旨

魚食国である日本人の食卓に、安全で美味しい水産食料を安定的に届けるため、水産資源の維持・増大や海域の環境保全に取り組み、次世代を担う子供たちに自然の恵みを引き継ぎ、人々がその恩恵を将来にわたり享受できる「豊かな海づくり」の実現が求められています。

近年、資源の回復力を上回る漁獲や産卵・生育の場となる沿岸域の開発等を背景に、我が国周辺の海の水産資源の状況は悪化しており、これら水産資源の回復は国民的課題となっています。この対策として稚魚・稚貝の放流を中心とする栽培漁業の推進や、河川上流域や沿岸域での植樹活動、藻場・干潟の再生等のさまざまな取り組みにより、水産資源の維持・培養や海域環境の保全に向けた活動が推進されている。こうした活動は近年、地域住民と漁業者が手をつなぐ形で、遊漁者による放流活動や、市民や子供たちも参加した藻場や干潟の保全・造成活動、そして植樹活動など、徐々に広がりをみせています。

本事業では、全国での「豊かな海づくり」の取り組みが国民的な理解のもとで一層推進されるよう、全国植樹祭とともに皇室行事と位置づけられている「全国豊かな海づくり大会」の推進や、全国各地において実施されている豊かな海づくりに関する活動を推進・支援する事業です。

2 事業

(1) 全国豊かな海づくり大会推進事業
ア. 毎年、皇室行事として開催される「全国豊かな海づくり大会」が各県で円滑に開催されるよう、豊かな海づくり大会推進委員会ともに開催県の要請に応え指導・助言を行います。また、同大会の放流関係行事に対して指導・推進する事業です。

イ.全国豊かな海づくり大会にかかる「功績団体表彰」(栽培漁業部門・資源管理部門・漁場環境保全部門の3部門)の公募・審査・表彰にかかる業務を行う事業です。

(2)豊かな海づくり活動推進事業
ア.豊かな海づくりの推進運動が地域に根付いた取り組みとして実施されるよう、各地で取り組まれる、地方版の豊かな海づくり大会等の開催を助成する事業です。

イ.豊かな海づくりに関して、地域での藻場や干潟の保全等の環境・生態系の保全活動について指導・助言を行うとともに啓発・普及を図る事業です。

(3)豊かな海づくり推進広報事業

豊かな海づくりに関して、広く国民に理解、協力が得られ、都市と漁村の交流が図られるよう広報事業を実施します。